再生医療新法に基づいて、医療機関が行政に提出しなければならない書類のひな型を、日本再生医療学会が、2015年1月末にも公開する方針だ。2014年12月15日、大阪大学医学部付属病院未来医療開発部未来医療センターの岡田潔特任講師が本誌の取材に応じ、明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)