東京慈恵会医科大学は12月12日、バルサルタン(商品名ディオバン)を使った医師主導臨床研究であるJikei Heart Studyの最終報告書を公表した。2013年7月の中間報告後に入手したデータを検証したところ、特定の医師によるイベント報告が一方の群に偏っていたり、基準を満たさないイベントが採用されていたことが分かった。同大学は同日付で研究責任者を務めた望月正武元教授の客員教授の称号を取り消し、論文作成に関与した教員に対しては厳重注意の処分を行った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)