2014年4月に自治医科大学教授から東京大学医科学研究所先端医療研究センター教授(遺伝子治療開発分野)に転じた小澤敬也氏(付属病院長を兼務)は、遺伝子治療分野では日本の中心的研究者の1人である。小澤教授は東京大に移籍するにあたり、医科研内に遺伝子・細胞治療センター(CGCT)を設立しセンター長に就任した。CGCTの設立により、遺伝子治療や細胞治療の臨床開発の強化・推進が期待されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)