東京医科歯科大学難治疾患研究所教授の鍔田武志氏、岐阜大学応用生命科学部教授の石田秀治氏らのグループは、炎症を伴わない免疫応答を誘導できる可能性がある化合物の同定に成功した。12月4日、5日に都内で開催された第12回糖鎖科学コンソーシアムシンポジウムで発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)