英Vectura Group社は2014年12月11日、ジェット吸入システム「AKITA」を用いてブデゾニドを肺に送達するVR475療法の有効性、安全性、忍容性について検討したフェーズIIb/III(Acti-AICS-001試験)でエンドポイントを達成したと発表した。結果の詳細はEuropean Respiratory Journal誌に同日報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)