台湾国立陽明大学のYu-Ling Lin氏らは、前臨床研究を行って、間葉系幹細胞(MSC)の移植が、内皮機能の回復を促すことにより、早期のアテローム硬化の進行を予防、または病変に改善をもたらすことを示し、その作用機序を示唆するデータを得た。詳細はStem Cells Translational Medicine誌に、2014年12月10日に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)