米ArmaGen社は2014年12月11日、同社のリード分子であるハンター症候群治療薬AGT-182の治験許可申請(IND)が、米食品医薬品(FDA)により受理されたと発表した。認可を受けて同社は2015年第1四半期にもAGT-182のフェーズIを開始する計画だ。フェーズIでは、成人男性のハンター症候群患者を対象としてAGT-182の安全性と忍容性を評価する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)