静岡県立静岡がんセンター総長の山口建氏は、12月16日、都内で開催された静岡ファルマバレープロジェクトセミナーで、同センターの次の10年のテーマとして癌医療の新潮流を紹介した。また、同センターが進めているプロジェクトHOPEの進捗についても明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)