米Pfizer社は2014年12月8日、希少疾患治療の可能性を探るため、遺伝子治療プラットフォームを確立し、同社の希少疾患研究開発を増強するため、2つの戦略的決定を行ったと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)