スイス連邦工科大学Zurich校(ETH Zurich校)は2014年12月3日、Institute for Chemical and Bioengineeringに所属するKonrad Hungerbuhler教授とJavier Perez-Ramirez教授が率いる研究グループが共同で、バイオディーゼルの生産から廃棄副産物として出てくるグリセリン(glycerol)から大量の乳酸を作る環境にやさしいプロセスを開発したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)