第5期科学技術基本計画の検討をする際、現在の世界の状況に応じた議論が必要である。その1つは、欧米を中心としたオープンサイエンスの流れだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)