転移を有するホルモン受容体陽性乳癌患者に対し、PI3K阻害薬のtaselisib(GDC-0032)とレトロゾールの併用は忍容性が良好で、有効性も有望であり、特にPI3Kαアイソフォーム(PIK3CA)遺伝子変異型乳癌患者に効果がみられることがフェーズIb試験で示された。12月9日から13日まで米国サンアントニオで開催されているサンアントニオ乳癌シンポジウム(SABCS2014)で、スペインVall d’Hebron Institute of Oncology BarcelonaのCristina Saura氏が発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)