ヒト多能性幹細胞のMultilineage-differentiating Stress Enduring (Muse)細胞をヒトのメラニン産生細胞に分化させ、表皮ケラチノサイトや真皮を構成するファイブロブラストと組み合わせたヒト3次元培養皮膚モデルを作製する技術が確立された。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、東北大学、Clio(秋田市、吉田正順社長)らが2014年12月11日に発表した。Clioは、ヒト3次元培養皮膚を作製する技術を大日本住友製薬子会社のDSファーマバイオメディカルにライセンスアウト。同社がヒト3次元培養皮膚モデルの製造・販売を2015年1月15日から開始する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)