CRISPR/Cas9は、Cas9とガイドRNAと呼ばれる2つのコンポーネントによって構成される。Cas9とガイドRNAは複合体を形成し、標的DNAを認識して結合する。ガイドRNAが認識する配列は20塩基ほどであり、Cas9は数塩基のPAMと呼ばれる配列(主に使われているものはNGGの3塩基)を認識する。――このようなCRISPR/Cas9の基礎情報は、生命科学系の研究者にとって、もはや常識となりつつあるかもしれない。しかし一度常識になってしまうと、それを当たり前と感じてしまい、疑問を抱かなくなる危険性を孕んでいることに注意しなければならない。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)