キノロン誘導体であるvosaroxin(AG-7352)とシタラビンの併用が、最初の再発または難治性の高齢者の急性骨髄性白血病(AML)のサルベージ療法として利用できる可能性が明らかとなった。vosaroxinとシタラビンの併用療法(vosaroxin群)とプラセボとシタラビン併用療法(プラセボ群)を比較した多国籍無作為化二重盲検フェーズIII試験VALORで、高い完全寛解率が得られ、前もって規定されていた同種造血幹細胞移植(ASCT)を受けた患者を除いた解析で全生存期間(OS)の有意な延長が認められた。主要評価項目であった全体のOSには有意な延長は認められなかった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)