小児の再発・難治性急性リンパ芽球性白血病(ALL)患者に対し、CD19を標的とするキメラ抗原受容体(CAR)を導入したT細胞(CTL019)を用いた治療は、完全寛解率(CR)が92%となり、長期に持続することがフェーズI/II試験から示された。12月6日から9日まで米国サンフランシスコで開催された第56回米国血液学会(ASH2014)で、米国Children’s Hospital of PhiladelphiaのStephan A. Grupp氏が発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)