11月18日からバルセロナでEORTCとNCI、AACRの共同ミーティングが開催された。最新の癌治療に関する基礎研究の結果が発表・議論される抗癌剤の萌芽の場だ。注目されたテーマにエピジェネティクスを標的とした薬剤とT790変異の克服がある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)