国立がん研究センター早期・探索臨床研究センターの大津敦センター長は、肺癌、大腸癌に続いて、胆道癌についてもFGFR2融合遺伝子のスクリーニングを振り分けの第一歩としたBT-SCRUMを開始したことを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)