BiTE(Bispecific T Cell Engagers)抗体blinatumomabが、微小残存病変(minimal residual disease:MRD)を有するB細胞前駆型急性リンパ芽球性白血病(ALL)に有効である可能性が明らかとなった。国際多施設単群フェーズII試験、BLASTで高い有効性と忍容性が認められたもの。12月6日から9日までサンフランシスコで開催されている米国血液学会(ASH2014)で、ドイツGoethe University HospitalのNicola Goekbuget氏によって発表された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)