60歳以下の急性骨髄性白血病(AML)患者に対し、標準的な化学療法にソラフェニブを追加するレジメンは、プラセボの追加と比べて無イベント生存期間(EFS)と無再発生存期間(RFS)を有意に延長することが、フェーズIIのプラセボ対照ランダム化比較試験(SORAML)から示された。同試験は、AMLに対するキナーゼ阻害薬の有効性を示した初のランダム化比較試験となる。12月6日から9日まで米国サンフランシスコで開催されている第56回米血液学会(ASH2014)で、ドイツUniversity Hospital DresdenのChristoph Rollig氏が発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)