化学及血清療法研究所が、沈降精製百日ぜきジフテリア破傷風混合(DTaP)ワクチンについて、11歳から12歳(定期第2期)での追加免疫への適応拡大を一部変更承認申請していることが明らかになった。2014年12月6・7日に福岡市で開かれた第18回日本ワクチン学会学術集会で同社医薬開発部の前村公太氏が、フェーズIIIの結果を発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)