産業技術総合研究所糖鎖創薬技術研究センターの福田道子センター長は、腫瘍血管内皮では細胞表面に現れるアネキシンA1に対して特異的に結合する、7アミノ酸から成るペプチドの同定に成功したことを明らかにした。12月4日、5日に都内で開催された第12回糖鎖科学コンソーシアムシンポジウムで発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)