画像のクリックで拡大表示

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   【日経バイオテク/機能性食品メール】
      【2014.12.5 Vol.166】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 原則として毎週金曜日に「日経バイオテク/機能性食品メール」をお届けしております日経バイオテクの河田孝雄です。

 今日は都内で開かれた糖転移ヘスペリジン・ビタミンP研究会第6回研究発表会や、日本大学藤沢キャンパス(神奈川県)で開催された日本乳酸菌学会2014年度秋期セミナー・酢酸菌研究会第6回研究集会合同シンポジウム「乳酸菌・酢酸菌の生存戦略と産業利用」を取材しました。

 糖転移ヘスペリジン・ビタミンP研究会の事務局は、岡山市の林原研究開発本部応用研究部内にあります。この研究会の発表会はこれまで関西地区で開催されてきました。都内での開催は初めてです。報道関係者は、東京の方が集めやすい、とのことでした。

 一方、藤沢のシンポジウムは、日本乳酸菌学会と酢酸菌研究会の初めての合同シンポジウムでした。日本乳酸菌学会は秋期セミナーを毎年秋に開催していますが、今回は酢酸菌研究会との合同の開催にすることで、参加者数は200人超と、例年に比べ大幅に増えたとのことです。

 最後から2番目の講演では、ただいま最もホットな新技術といえる第3世代のゲ
ノム「CRISPR/Casシステム」について、京都大学大学院医学研究科微生物感染症
学分野の学術振興会特別研究員(PD)の相川知宏さんが「微生物における新規機
能とゲノム編集適用例」と題する発表を行いました。

 そして最後には、バイオインダストリー協会の井上歩さんが、「生物多様性条
約とは、名古屋議定書とは?-遺伝資源へのアクセスの利益配分の観点から-」
と題する講演で、ヤクルト本社の研究者の方々3人が質問しました。

 京都大の相川さんが所属している研究室の教授の中川一路さんと准教授の丸山
史人さんには、日経バイオテクの特集に写真で掲載させていただきました。

[2014-11-11]
日経バイオテク11月10日号「特集」、「カルタヘナ法」カタルシス
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20141111/180333/?ST=ffood

 昨日は、東京の恵比寿で、内閣府の「SIPシンポジウム2014」が開催され、520
人が集まりました。こちらでも、ゲノム編集の話題が登場しました。

[2014-12-5]
内閣府SIPシンポに520人、「2カ月で花が咲く」と次世代農林水産の西尾健PD、
阿部啓子サブPDはパネリスト登壇
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20141205/180966/?ST=ffood

[2014-11-28]
日経バイオテク11月24日号「リポート」、
内閣府CSTI(総合科学技術・イノベーション会議)の新施策
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20141128/180718/?ST=ffood

 それから先週のことになりますが、11月26日に都内の虎ノ門ヒルズで開かれた
第8回Antioxidant Unit(AOU)研究会は、230人が集まり盛況でした。

 取材した松岡真理さんが2つ記事をまとめました。是非ご覧いただければと思
います。

[2014-12-5]
日本版ORACまもなく確立へ、第8回Antioxidant Unit研究会に230人
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20141205/180957/?ST=ffood

[2014-12-5]
「消費者庁は受理番号を当日配布する意向のようだ」、
第8回Antioxidant Unit研究会で森下竜一氏が特別講演
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20141205/180958/?ST=ffood

 東京大学特任教授の阿部啓子さんはこのAOU研究会の記事にも登場してます。
さらには阿部さんは、糖転移ヘスペリジン・ビタミンP研究会第6回研究発表会の
セッション2「アクティブシニア層への可能性」の座長もおつとめになられたよ
うです。

 最後にこの他の今週のおすすめ記事を。花王とキユーピーの記事もおもしろい
と思いますので、こちらもご覧ください。

[2014-12-5]
花王、インクレチンGIP「上昇抑制剤」の特許登録第3弾は玄米成分、
続いて大豆も公開に
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20141205/180956/?ST=ffood

[2014-12-3]
キユーピーが初のスキンケア商品、2種類の発酵ヒアルロン酸を配合、
機能性データをリリースに記載
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20141203/180935/?ST=ffood

 締切時間になりましたので、ここで失礼します。なお、ここ1週間の機能性食品
関連の記事や記者発表のリストは、このメールの最後に載せました。

 なお、上記で紹介した日経バイオテクONLINEの記事は、第1パラグラフまではど
なたでもご覧になれますが、第2パラグラフ以降も含む記事全文をご覧いただくに
は、有料会員になっていただく必要があります。

 日経バイオテクONLINE機能性食品版では、月額本体952円(+税)の会費(クレ
ジットカード決済のみ)の会員になると月100ポイント分まで記事全文をお読みい
ただけます。

 アーカイブに格納している10年以上前からの2000本以上の記事も、記事末尾の
関連記事リンクや、キーワード検索などで、ご覧いただけます。

 日経バイオテクONLINE機能性食品版のサイトにアクセスしてください。
→ https://bio.nikkeibp.co.jp/ffood/

 詳しくは、次のリンク先をご覧ください。

日経バイオテクONLINE機能性食品版について
→ http://nbt.nikkeibp.co.jp/bio/food/

日経バイオテクONLINE機能性食品版のご利用ガイド
→ https://bio.nikkeibp.co.jp/ffood/help/use.html

 最後に、この日経バイオテクONLINE機能性食品版では、機能性食品と関連しない
記事については記事全文をご覧になれません。日経バイオテクONLINEの記事全てを
お読みいただくには、日経バイオテクONLINEの会員への申し込みが必要です。

           日経BP社
           日経バイオテク編集
           河田孝雄

※※みなさまからのご意見、ご批判をお待ちしております。
https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=ask_pass4/index.html

※※日経バイオテク 機能性食品メールの新規登録はこちらから
http://passport.nikkeibp.co.jp/bizmail/food-sc/index.html