2014年11月26日に都内で開かれた第8回Antioxidant Unit(AOU)研究会で、大阪大学大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学教授で内閣府規制改革会議委員の森下竜一氏が「いよいよ始まる機能性表示:今後の動向と課題」と題した特別講演を行った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)