花王が、上部消化管のK細胞から分泌されるインクレチンであるGIP(グルコース依存性インスリン分泌刺激ポリペプチド)の上昇を抑制する食品成分について相次ぎ特許を取得している。2014年7月11日登録の特許2件に続き、2014年10月31日に第3弾の特許が登録された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)