森永製菓は、パッションフルーツの種子中に豊富に存在することを見いだしたポリフェノール成分ピセアタンノールが、長寿遺伝子SIRT1の発現を誘導するという研究成果を、ヒト栄養学のオープンアクセスジャーナルであるNutrients誌(IF3.148)で発表したことを、2014年12月1日に発表した。この論文は2014年8月25日の投稿受理、10月23日の掲載受理を経て10月30日に公表されたものだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)