部下にパワーハラスメントを行ったとして懲戒解雇された群馬大学分子予防医学(衛生学)教室の男性教授A氏が、解雇は不当として近く提訴する方針であることを、このほど日経メディカル編集部の取材に対して明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)