ベルギーのAblynx社は2014年11月26日、caplacizumabの注射剤と、凍結乾燥製剤との生物学的同等性を示すためのフェーズIの結果を発表した。caplacizumabは、Ablynx社が、後天性血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)を対象として開発している抗ヴォン・ヴィレブランド因子(VWF)ナノボディーである。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)