英GlaxoSmithKline(GSK)社と米国立衛生研究所(NIH)が共同で開発したエボラ出血熱ワクチンの小規模フェーズIの初めての結果が、2014年11月26日付のNew England Journal of Medicine誌に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)