米OncoSec Medical社は2014年11月25日、転移性のメラノーマを対象疾患とした米Merck社の抗PD-1抗体「KEYTRUDA」(pembrolizumab)と、OncoSec社の ImmunoPulse (intratumoral IL12)の併用療法の安全性、忍容性、薬効を評価するため、California大学San Francisco校(UCSF)と提携したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)