免疫生物研究所は2014年11月20日、2015年3月期上半期の決算説明会を都内で開催した。同社の清藤勉社長(写真)は後日、本誌の独占取材に応じた。売上高は、前年同期比16.3%増の2億8500万円と前期から4000万円の増収であった。利益面でも経費圧縮を図り、営業損失は1億1400万円(前年は1億2300万円の営業損失)と赤字幅が改善した。助成金の収入や為替差益を営業外収益に計上しため、経常損失は8300万円(同1億2500万円の経常損失)、四半期純損失は8100万円(同1億3900万円の四半期純損失)となった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)