医学生物学研究所(MBL)は2014年11月21日、2015年3月期上半期決算の説明会を都内で開催した。同社が創製した完全ヒト型抗デングウイルスモノクローナル抗体について佐々木淳社長(写真)は「製薬企業への導出活動を行っているが、まだ、申し入れは無い状況である。収益につながらないかもしれないが、社会貢献として一緒に開発をしていただきたい」と製薬企業に協力を求めた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)