東北大学大学院医学系研究科地域イノベーション戦略支援プログラム教授の加藤幸成氏は、癌特異性の高い新たな糖蛋白質に対する抗体の作製に成功したことを、このほど明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)