本日はわが国初の抗体医薬のバイオ後続薬が2014年11月28日に発売されましたが、その薬価はなんと大きく期待を下回るものでした。果たして、バイオ後続薬が市場を拡大するには、薬価は安い方が有利なのか? それともそうではないのか? 一筋縄ではいかぬ日本のバイオ後続薬市場開発の悩みとは何か?



 このところがん免疫学の記事を3本書きました。全部読んでいただけると、今がん治療に革命を起こしているがん免疫療法の全貌がつかめます。

Wmの憂鬱、ドライバー変異からパッセンジャー変異へ、抗癌剤開発の下克上が起こった

https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20141120/180604/?ST=wm

Wmの憂鬱、実用化目前のCARは自家細胞市場拡大のエンジンとなるか?

https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20141125/180656/?ST=wm

Wmの憂鬱、Amgen社が本気になった第3の癌免疫療法、腫瘍溶解性ウイルス

https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20141127/180715/?ST=wm



 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。WMの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で100本まで読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら