東芝は2014年12月1日から、東北大学と共同開発した日本人のSNP解析用DNAマイクロアレイ「ジャポニカアレイ」の受託解析サービスをスタートさせた(関連記事)。東芝の上席常務で、社内カンパニーであるヘ東芝ルスケア社の綱川智社長とヘルスケア社ヘルスケア医療推進部ライフサイエンス部の高山卓三部長が2014年11月27日、本誌の取材に応じた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)