大学等の産学連携の件数や研究費は、年々増加している。文部科学省の調査によると、2013年度の大学等における民間企業からの研究資金等受入額(共同研究・受託研究・治験等・特許権実施等収入・その他知財実施等収入)は約695億円と、前年度に比べて約67億円増加し、過去最高額を更新した。これまでの最高額は08年度の約629億円。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)