近年、肺癌領域では抗PD-1抗体や抗PD-L1抗体などの免疫チェックポイント阻害薬が抗腫瘍効果を示し、新しい治療薬として世界中で注目を集め、また多くの製薬企業による開発競争が始まっている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)