米国の中間選挙があった2014年11月14日、州や郡などにおいて、他の様々な選挙が行われた。遺伝子組換え食品への義務表示を求める住民発議の住民投票もコロラド州とオレゴン州で実施され、両州共に否決された。コロラド州は、賛成が34.29%、反対65.71%、オレゴン州は僅差の賛成49.5%と反対50.5%だった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)