英AstraZeneca社の生物学的製剤の研究開発部門である米MedImmune社は、11月17日、関節リウマチ(RA)の画期的治療薬に指定されているモノクローナル抗体mavrilimumabのフェーズIIb(EARTH EXPLORER-1)において、2つの主要評価項目が達成されたと発表した。同試験の結果は、米ボストンで11月14日から19日まで開催された米リウマチ学会議(ACR)2014の複数の演題で発表された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)