BRAF変異型進行大腸癌に対して、BRAFV600阻害薬であるencorafenib(LGX818)、抗EGFR抗体セツキシマブの併用、さらにはPI3Kα特異的阻害薬alpelisib(BYL719)の併用が有望であることが明らかとなった。国際フェーズI試験の予備的なデータで忍容性が確認され、一部の患者で抗腫瘍効果が確認されたもの。BRAF変異型大腸癌は、治療の選択肢が限定的で新たな治療法の開発が求められている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)