EZH2として知られるヒストンメチルトランスフェラーゼの活性を阻害するE7438(EPZS6438)が、B細胞性非ホジキンリンパ腫と進行固形癌に有望であることが明らかとなった。最初のフェーズI試験で忍容性と一部の患者で抗腫瘍効果が認められたもの。EZH2の変異型は多くの癌種の進展に関わっていると考えられている。11月18日から21日までスペインのバルセロナで開催されているthe 26th EORTC-NCI-AACR Symposium on Molecular Targets and Cancer Therapeutics(ENA2014)で、フランスInstitut Gustave RoussyのJC Soria氏によって発表された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)