理化学研究所脳科学総合研究センター(理研BSI)発生遺伝子制御研究チームの岡本仁チームリーダー(TL)/副センター長と天羽龍之介基礎科学特別研究員らは、動物が危険を察知したときに、パニック反応を抑えて冷静かつ適切に危険回避策を取れるようになるために不可欠な脳神経回路を特定した。Neuron誌(IF15.982)の2014年12月3日号で発表する。オンライン版では11月21日に発表された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)