米J. R. Simplot社は2014年11月7日、自社独自の「Innate」技術により創り出した遺伝子組換えジャガイモが米農務省(USDA)により承認されたと発表した。これによりSimplot社は10種類のInnateジャガイモを米国内で販売できることになった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)