大塚ホールディングス(HD)は2014年11月13日、2014年度上半期の決算説明会をカンファレンスコールで行った。5000億円超を稼ぎ出す「エビリファイ」(アリピプラゾール)の後継品と目されるブレクスピプラゾールについては、米国で申請を行った。エビリファイの米国特許は2015年4月に失効する見込みだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)