米国における非遺伝子組換え(nonGMO)大豆の作付けは、2014年に25万エーカーだったのが、2015年には40万から50万エーカーへと増える見通しという。2014年11月18日に都内で開かれた第30回米国大豆バイヤーズ・アウトルック・コンファレンスの記者会見で、全米大豆基金のJim Carrollディレクターが、記者からの質問に答えた。Carroll氏の農場があるアーカンソー州では、5割増が見込まれるという。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)