EGFR-TKIの投与による間質性肺疾患(ILD)や特発性肺線維症急性増悪(IPF-AE)の発症にはMUC4遺伝子が関わっている可能性が示された。11月14日から16日まで京都市で開催された第55回日本肺癌学会学術集会で、東北大学呼吸器内科学分野/埼玉医科大学呼吸器内科の椎原淳氏らの研究グループが発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)