T790M変異陽性の非小細胞肺癌(NSCLC)に対し、経口の選択的および非可逆的EGFR阻害薬であるCO-1686(rociletinib)は日本人でも忍容性が認められ、効果も期待できることが、フェーズI試験で明らかになった。11月14日から16日まで京都市で開催された第55回日本肺癌学会学術集会で、近畿大学医学部腫瘍内科の金田裕靖氏らが発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)