慶應大学医学部の田中敦史氏らは、拡大型心筋症(HCM)患者の遺伝的背景と環境要因がどのように相互作用してこの疾患を生じさせるかを検討するために、患者と健常人の組織からiPS細胞を作製、それらを心筋細胞に分化させて比較した。得られたデータは、エンドセリン-1がHCMの表現型、すなわち、筋原線維の配列の乱れと収縮の乱れを誘導することを示唆した。詳細はAmerican Heart Association誌電子版に、2014年11月11日に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)