カナダCaprion社は2014年11月12日、同社の免疫モニタリングビジネスユニットであるImmuneCartaが、H5およびH1インフルエンザウイルスを標的とする、ウイルス様粒子(VLP)ワクチンにより誘導される免疫応答について、カナダMedicago社と共に、データを公表したと発表した。2つの独立したフェーズI/IIで、141人の被験者が、VLPワクチン、不活化3価ワクチン「Fluzone」、あるいはプラセボを投与され、CD4陽性および CD8陽性T細胞の免疫応答を評価した結果が、Clinical Immunology誌に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)