国立長寿医療研究センターがアルツハイマー病(AD)の発症前に脳内アミロイドβ(Aβ)蓄積を検出する血液バイオマーカーを島津製作所との共同研究で発見し、2014年11月11日に日本学士院発行の英文学術誌「Proceedings of Japan Academy, Series B (PJAB)」オンライン版で公開された。ここ数年、有力なアルツハイマー型痴呆の治療薬候補がフェーズII、IIIの段階で開発中止になるケースが相次ぎ、薬剤設計の根本的な見直しが迫られている。今回の発見がAD治療薬の開発にどう寄与するのか、今後の展望を研究に携わった同センター認知症先進医療開発センター長の柳澤勝彦氏に聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)